6/23の少年部栃木遠征

押忍、柏村です。

 

来週はもう7月ですね。

最近、時が経つのが早すぎる気がしてなりません。

自分が横浜に来て3ヶ月が経ちました。早い(笑)

 

 

話は変わって、6月23日に栃木で他団体主催の大会に出場しました。

少年部の、よしまさ、優作、はるあき、あつきが参加しました。

引率の先生は大畑支部長、中島先生、自分でした。

 

この日のためにみんな一生懸命練習していました。

 

トーナメント前に寝技のワンマッチがありました。

みんな練習の成果を存分に発揮していました。

特によしまさは見事なテイクダウンを決め、抑え込んでからの腕絡みによる一本勝ち。

これによりよしまさはサムライゲート賞(特別賞みたいな)を受賞しました。

 

 

さあいよいよトーナメント。みんなさすがに緊張していました。

我が横浜支部トップバッターは、横浜道場・少年部唯一の黒帯で弐段のよしまさ。

よしまさは小3に対し、相手は小5。しかも数々の大会に出場し、上位にランクインしている選手でした。

結果は経験の差を見せつけられたかのように惨敗。うーん悔しい。

 

2番目は5年生の優作。一回戦は不戦勝。2回戦でチョークスリーパーを極められ敗退。

 

3番目は4年生のはるあき。一回戦は圧勝したものの、二回戦はちょっと消極的になり腕十字を極められ敗退。

 

4番目は5年生のあつき。一回戦は判定勝ちを収め、次はもう決勝戦。

しかしチョークスリーパーを極められ準優勝。惜しいな。

 

 

この大会に参加して思ったことは、他の道場の人たちの寝技技術が高いこと。

子供も大人顔負けの試合をしていました。

横浜道場の子達の寝技レベルをもっともっとあげないとなぁと思いました。

みんなもっと頑張ろう!君たちなら強くなれる!自信を持って!

photo (3)

 

 

 

 

 

 

  • はてなブックマーク
  • LINEで送る