カテゴリー:格闘技の話

アイキモード①

文中に何度か書いてきたアイキモード、それが何かについて自分が体験した事実も書いておかなければならない。実際にこの身体で体感した摩訶不思議な合気の現象のことを。 …

続きを読む

「合気」その技術

多くの合気系武術に共通して見られるキーワードがある。それは「圧と結び(合気)」である。 圧が強すぎれば、受ける側の筋肉に反射神経させてしまうから、かける側の「や…

続きを読む

合気伝承の歴史を知る

合気を探究するうえで、ある程度、その伝承を知る事は重要だと思う。いささか読みにくい所もあるかも知れないが、今回はできる限り簡潔に合気伝承の概要を書いてみたい。 …

続きを読む

合気の章⑩

氣空術の稽古中にほんのわずかな力で相手が崩れる、倒れる状態を体験したある門下が思わず、こんなことをつぶやいたことがある。「こんなので技がかかるなんて…」と。 そ…

続きを読む

合気の章⑨

今まで、合気は無意識のなせる技と書いてきた。例えば、武道・格闘技経験者なら一度は体験しているはずである。何気なく出した打撃で相手をノックアウトした、何気ない投げ…

続きを読む

合気の章⑧

合気の章

相手の攻撃に対して、「受ける」のではなく、「迎え入れる」ぐらいの気持ちが無意識の技、つまり合気を成立させる。したがって、氣空術では「やってやろう」という意識を捨…

続きを読む

合気の章⑦

前回、実際の攻防で果たして合気は通用するのかと書いた。自分の体験から踏まえて言うと、それは極めて難しい。ただ、技の応酬の一場面への展開、あるいは柔らかい身体操作…

続きを読む

合気の章⑥

合気をかけるとは「結び」を作ること。結びとは、相手に接触した段階でその相手と一体になってしまうことだと謎の空手・氣空術に書いてあった。 この結びを作るために必要…

続きを読む

合気の章⑤

前回の続き。 会長に呼ばれて、自分の前に立ったのは、その日の稽古が初めてという女性だった。そこでもう一度、同じ技を指導されたのだ。ただし、今度は会長がその方に介…

続きを読む

合気の章④

合気の章

冠光寺流・名古屋の稽古で体験した畑村先生(以下、自分は氣空術門下であるため、会長と書く)の突きは本当に衝撃的だった。それを身をもって、感じたのである。その時は体…

続きを読む

合気の章③

前回の続き。炭粉氏の合気探求に強い関心を抱いたのは、炭粉氏自身がフルコンタクト空手のツワモノであるからだ。これが合気道をやっている人の書いた本なら、読まなかった…

続きを読む

合気の章②

合気

相手と立ち会った際、戦うのではなく、和合する…前回のトピックス記事では、そう言われる塩田師の言葉を綴った。それが実際にできるなら、素晴らしいことである。だがしか…

続きを読む