合気の章⑩

氣空術の稽古中にほんのわずかな力で相手が崩れる、倒れる状態を体験したある門下が思わず、こんなことをつぶやいたことがある。「こんなので技がかかるなんて…」と。 そ…

続きを読む

合気の章⑨

今まで、合気は無意識のなせる技と書いてきた。例えば、武道・格闘技経験者なら一度は体験しているはずである。何気なく出した打撃で相手をノックアウトした、何気ない投げ…

続きを読む

合気の章⑧

合気の章

相手の攻撃に対して、「受ける」のではなく、「迎え入れる」ぐらいの気持ちが無意識の技、つまり合気を成立させる。したがって、氣空術では「やってやろう」という意識を捨…

続きを読む

合気の章⑦

前回、実際の攻防で果たして合気は通用するのかと書いた。自分の体験から踏まえて言うと、それは極めて難しい。ただ、技の応酬の一場面への展開、あるいは柔らかい身体操作…

続きを読む

合気の章⑥

合気をかけるとは「結び」を作ること。結びとは、相手に接触した段階でその相手と一体になってしまうことだと謎の空手・氣空術に書いてあった。 この結びを作るために必要…

続きを読む